法律のプロ

弁護士を利用する時に、気になることとなると依頼する費用です。「依頼する費用がどのくらい掛かるのか」と気になる人は多いでしょう。その時は自分が依頼する内容と得たい成果によって出費する金額を考えた方がいいでしょう。

詳細を確認する

設立を依頼する

会社設立の手続きを依頼することができる士業があります。それは司法書士や行政書士です。この士業に依頼することで費用も数十万円という金額に抑えることが可能となります。

詳細を確認する

依頼する時

債務整理を弁護士に依頼を行なう時に気をつけた方がいいことがあります。それは、依頼して出費する費用です。依頼する弁護士事務所によって出費する費用に違いがあるため、ホームページから情報収集を行なうことが大事です。

詳細を確認する

法律を把握【法律を知らないままにしないで専門家に聞こう】

権利がある

救済措置は誰でも利用できる

日本で暮らしている人間は、誰であっても日常生活を普通に過ごすことが出来る権利を持っています。 なぜこのようなことが言えるのかというと、憲法によって日常生活を暮らすことが出来る権利を与えられているからです。 憲法が出来た当初から日本国内で暮らす日本人には、最低限度の権利が与えられています。 仮に、借金を抱えて日常生活を送ることが出来なくなってしまったような場合であってもこの権利を侵害することは出来ません。 そのため、この場合であっても法律的な救済処置によって普通の生活のレベルにまで生活態様を引き上げることが出来るのです。 そのための処置のことを債務整理と言います。 債務整理は、憲法が出来た当初から日本国民に認められている救済手段なのです。

金銭トラブルの全てに適用できる

債務整理の素晴らしい点は、借金トラブルのすべてに関して容易に適用することが出来る点にあります。 つまり、借金の総額は関係ないのです。 借金、100万円抱えていても1000万円抱えていたとしても法律的に債務整理の適用が認められた場合にはその借金をなかったことに出来ます。 全ての借金をなかったことにできなかったとしても、借金の金額をその消費者が返済できる程度の減額させることも出来ます。 債務整理を利用することに関して、債務者に大きなデメリットが生じないのも人気の理由の一つです。 債務整理を利用した後はすぐにでも元の日常生活に戻ることが可能です。 口座を作って一からお金を貯める事が出来るため、安心して利用することができます。

相続をする

相続税について相談するとき、はじめは相続のすべての段階にかかわることができる弁護士に相談してみるのが良いでしょう。弁護士に相談したうえで、必要なら他の専門家を紹介してもらうと効率的です。

詳細を確認する