法律を把握【法律を知らないままにしないで専門家に聞こう】

依頼する時

任意整理で借金の減額

債務整理を弁護士に依頼する場合に、注意しなければならない点とは、法律事務所によって債務整理の減額割合や着手金や成功報酬といった金額に違いがあることです。そのため、ホームページなどを確認してどのくらいの弁護士費用になるのかは比較してから債務整理を相談する弁護士事務所を決めます。借金の減額についても過去の実績などがある法律事務所のほうが債権者である金融機関と有利に交渉がすすめられます。ただし、そういった実績などについては、調べるにも分からない部分がありますので、無料相談会を実施しているのであれば、それに参加してよく説明を聞くことです。無料で相談をしたうえで、方針をどうするかを決めてることができます。

債務整理の手続きのひとつに、任意整理があります。これは、特に2010年以前から取引をされている方にとっては有利な債務整理になります。弁護士と話し合って任意整理の方針にしていくと、特に取引期間の長い人は、グレーゾーン金利で契約したいた時期があります。違法な金利を支払い続けていた時期です。グレーゾーン金利で返済をしていた場合は、その金利は無効ですので払いすぎている利息があります。その払いすぎた利息を借金の減額にあてることができるのです。そのため取引期間の長い人にとっては、大幅に借金を減額させることができるのです。取引期間が短いと減額できるものがないのですが、今後発生する金利はカットして分割払いができます。