法律を把握【法律を知らないままにしないで専門家に聞こう】

設立を依頼する

会社設立は手続きがいっぱい

会社設立の手続きは司法書士や行政書士に依頼すれば、だいたい10万円から20万円必要になってきます。かといって自分一人でやると、登記所に何回も言ったり公証人役場に行ったり、金融機関に行ったりとなかなか手間がかかるものです。またこれらの場所で行う手続きは平日でないと受けつけてもらえません。 開業前はお金も貴重ですが時間も貴重です。その時間を割いてまで果たして自分で手続きをやる意味があるのか、事業家として何でも自分でやるという姿勢は大切ですが会社設立手続きは1回限りのもので、後々役に立つものではありません。 以上のことを考慮に入れると専門家に頼んでみることも検討する必要が出てきます。どちらにしろ手続きがスムーズにできるようによく考えることが重要です。

登記をする場合はだれがいい

会社設立の登記申請は司法書士や行政書士の専門分野です。ですから司法書士や、行政書士のほうが手際よく処理できることでしょう。 ただ現実には税理士に依頼するケースも増えています。その理由は、設立の際の税務上の処理や、設立後の経理面でのアドバイスを期待してのことです。ですが税理士には登記の仕事は忍められていませんので、あくまで税務手続きの一部として書類作成を代行するという形がとられます。 現在は司法書士、行政書士、税理士すべてをそろえた総合事務所も多く、会社設立の手続きの依頼をするのならば、これらの資格を持った人たちが一緒に仕事をしている総合事務所を選択するのがいいでしょう。また登記をする法務局の近くには、たくさんの事務所がありますのでその事務所に依頼しても構いません。