法律を把握【法律を知らないままにしないで専門家に聞こう】

相続をする

相続は弁護士に相談すべき

誰でも出会うことになる法律的な事件といえば相続です。近親者が亡くなった時に、財産などをどのように引き継いだらよいのか、明確にわかっている人は少ないことでしょう。 法律問題といえば弁護士に相談すると考えるのが一般的です。しかし、相続の相談先としては弁護士以外にもさまざまなところがあります。土地について登記などの手続きが必要なら司法書士が扱いますし、相続税が発生するようならば税理士に依頼することも必要になるでしょう。 しかし、初めの段階ではどういった手続きが必要なのか自分で判断できないことがほとんどです。そのような場合は、相続のすべての段階にかかわることができる弁護士に相談してみるのが良いでしょう。弁護士に相談したうえで、必要なら他の専門家を紹介してもらうと効率的です。

弁護士に相続の相談をする費用

弁護士に相続に関する相談をする費用というのは、そこまで高いわけではないのです。 自由に決めてよいことではありますから、弁護士によって違うのですが、相談だけならば三十分五千円というようなレベルの話です。但し、これは相談であって、特に公式な書類を作るための費用ではないのです。 さすがに相続、つまりは遺言書の作成や或いは生前贈与などの手続きに関しては別途の費用がかかることになります。相続というのは、弁護士に依頼しておいても揉めることがあるのですが、それでも話がスムーズをいかせるには必要なのです。法定分であろうと相続の配分を特に偏らせるときには弁護士に相談したほうが、色々と問題を防ぐことができるのでお勧めできます。